qrcode.png
http://aizumisato-noken.jp/
モバイルサイト
携帯電話のバーコードリーダーで読取り
モバイルサイトにアクセス!

会津美里農研
〒969-6266
福島県大沼郡会津美里町字油田1571-1
TEL.0242-54-5711
FAX.0242-54-4812
────────────
1.■身知らず柿の生産通販■
 
 
2.■西村早生(甘柿)生産■
 
 
3.■高田梅・梅漬の生産通販■
 
 
4.■南高梅・梅干の生産販売■
────────────
 

会津身知らず柿の紹介

 

会津身知らず柿(みしらず柿)とは

会津身知らず柿(みしらず柿)とは
 
身知らず柿(身不知柿)とはなんでしょうか?
身知らず柿(身不知柿とは、福島県の会津美里町(旧会津高田町)に古くから栽培されている品種の柿です。
今では会津だけに留まらず福島県を代表する特産物として広く知られております。
会津盆地特有の気候と太陽の光が極上の柿を育てる重要な要素で、会津の土地が柿の栽培に最も適している場所となっています。
 
 
 
 
故郷の味に心を込めて。
親戚、友人、知人、お取引先にお送りしてみてはいかがでしょうか?
 
是非一度本物の美味しさをご賞味下さい。
 
収穫直前の会津身知らず柿(会津身不知柿)
収穫直前の身知らず柿(身不知柿)はこのように大きな大きな実をつけています。
五月中旬からの摘蕾、七月からの摘果、盆すぎに再度摘果の確認をして一枝~三枝の結果枝に一個しか実のらせなくてこのような大きな実に育て上げているのです。
 
この柿の食感とジューシーさは、他の柿では味わえない物があります!
 
写真はたまたま生育の良い柿が一枝に成っていたものです。
 
屋敷周りの柿の木
戦後本格的に畑で栽培される前は、左の写真の様に何処の家でも屋敷周りに柿や梅の木が放任されて10m以上と高くなり梯子で収穫されておりましたが、
最近では4~5mで脚立で女性でも収穫が出来る高さとなり、昔のような背の高い木は営利栽培では殆んど無くなりました。
 
現在の栽培
現在は管理をしやすく樹高を低く樹間を広く柿の実に太陽の光が充分に当るような栽培に為って来ています。
 
放射線は不検出
今年は農産物、畜産物などに原発に寄る風評被害が100k以上離れた会津にも発生しておりました。
柿に関しても県がセシウムの検査を8月頃より行っており、会津の柿に関しては8月に微量の検出が有りましたが、10月13日の検査発表では不検出でした。
柿は他の果樹より根が深く影響が少ないものと思っております。
安心してのお買い上げをお待ち致しております。
 
写真は10月14日付けの福島民友のものです。
 

身知らず柿の名前の由来

身知らず柿の名前の由来
 
ちなみに身知らず柿(身不知柿)ってちょっと変わった名前ですが、皆さんはこの名前の由来ってご存知ですか?
 
身知らず柿の名前の由来は、柿の木が重みで折れてしまうほどの大きさのたわわな実を付けることから名付けられたという説、あまりにも美味しい柿なので身の程知らずにたくさん食べてしまう人間の様が由来とされる説や昔々身知らず柿を足利将軍に献上した所、未だかかる美味な柿を見知らず。(こんなにも美味しい柿を私はいまだかつて知らなかった)」と将軍が絶賛し、気に入って名付けたという説などがあります。
 
また現在では皇室への献上柿としても非常に名高く、会津藩主ゆかりの故松平勢津子様が秩父宮様と結婚されましたお祝いに献上したのがこの風習の始まりだと言われています。
戦時中は献上も一時は途絶えたものの、現在も県を通じて皇室への献上が続けられています。
その美味しさはまさに皇室御用達!天皇の太鼓判を押された唯一の柿です。
一度食べたら他の普通の品種の柿は食べれないリピーターが大勢いらっしゃいます。
 

お召し上がりになる前に

お召し上がりになる前に
 
ちなみに身知らず柿は渋柿種ですので、そのままでは食べる事ができません。
通常ではアルコール(焼酎)や炭酸ガスでの渋抜きをしてから食べるのが一般的です。
 
実は身知らず柿の美味しい味の決め手の一因は、昔から伝わる渋抜きの方法にあります。
アルコールや炭酸ガスにさらして、じっくりゆっくりと渋みを取る事によってあの独特な美味と食感が生まれるのです。
 
当店ではご購入頂くお客様の要望に応えて、
昔ながらのように段ボール詰・木箱詰に焼酎をかけての脱渋する方法での販売や、農研で直接渋抜きをした柿の販売もしております。
 

柿の嬉しい効用

柿の嬉しい効用
 
古くからのことわざで、「柿がくなると医者がくなる」ということわざがあります。
このことわざの理由は、柿が果物の中でも特に栄養価の高い果物だからなのです。
ビタミンA・ビタミンCなどが豊富でカリウム、マンガンなどの栄養素も非常に多く含まれています。

ちなみにあまり知られてはおりませんが、
柿の葉はとてもビタミンCが多く含まれていて昔から柿の葉を乾燥させて生薬にしたり、柿の葉茶に利用したりされています。
ビタミン類の栄養は一般的に言われている疲労回復・風邪予防などの他にも高血圧症やガン予防・老化防止なんていう効果が高いです。
カリウムは利尿作用が強く新陳代謝を活発にさせますので、二日酔いの解消、動脈硬化や高血圧症を抑える働きがあります。
 
は単に美味しいだけでなく、皆さんの健康維持にも一役買ってくれます
身知らず柿を一杯食べて身も心も健康になりましょう
   
コレが会津美里農研の柿畑です!
 
 
広大な土地で一本一本の柿木を大切に手入れしています。
 
会津美里農研の柿畑からは会津磐梯山がこんなに綺麗に眺められます。
 
大きく実った柿を、一個一個大事に収穫していきます。
 
お客様の美味しい!というお言葉が聞きたいという一心です。
 

会津に有る柿の種類

会津に有る柿の種類
 
大八朔
 大八朔
会津に昔から有る甘柿です。
10月中旬から食べられるように成ります。
この柿の早生系で馬場八朔は9月上旬から収穫出来る兄弟種も数は少なく成りましたが栽培されております。
 
この他にも、数多くの種類がありますので、随時紹介して行きます。
 
受粉樹(雑柿)
受粉樹(雑柿)
美里農研の受粉樹として西村早生柿畑に植栽しております。
雄花が圧倒して多く受粉樹しては、最適な柿の木です。
雌花は殆んどなく、1本の木に十数個成る位です。
実は小さく、甘柿とで食べる事ができます。
性格な名前が分からず、すみませんです。
 
会津御所柿
会津御所柿
戦前より営利栽培されていた柿です。
十数年前まで栽培し、屋敷周りや畑の片隅で本格的な栽培ではなく副業的だったようです。
この柿の木に消毒作業は無かったようです。
9月下旬頃からの収穫、渋柿で焼酎で脱渋し食味は特別に美味しくは無かったようです。
現在は殆んど利用されておりません。
 
平種柿(山形、庄内柿)(新潟、おけさ柿)
平種柿(山形、庄内柿)(新潟、おけさ柿)
渋柿の営利栽培では一番多く栽培されております。
福島県では、会津みしらず柿や福島の蜂屋柿が多く栽培ておりますが、近県では新潟県や山形県が産地となっております。
渋柿ですので、焼酎などで渋を抜いておりますが、市場出荷などでは炭酸ガスで抜いております。
 
蜂屋柿
蜂屋柿
渋柿で焼酎で渋を抜くか、干し柿にする柿です。
会津ではあまり多く栽培させておりませんが、中通り、浜通りで干し柿用に多く栽培されております。
特に、福島市や伊達市のあんぽ柿で有名です。
 
天王寺柿(渋取り専用)
天王寺柿(渋取り専用)
以前は身知らず柿の摘果や柿で有れば何でも渋を取っていたのですが。
30数年前頃、柿の産地で有る永井野地区が基盤整備をした頃から、京都の渋取り業者が渋取りに最適な柿とし奨励、契約栽培をしている柿です。
 
写真は秋になり、熟した柿です。
渋取りの収穫はお盆前後の青く渋が一杯の頃です。
 
豆柿(原種)
豆柿(原種)
原種と思われる柿です。
色んな柿の台木として利用しております。
台木としては、豆柿は豆台、実生台のとも台が利用されております。
それぞれに特長があり、栽培農家で使い分けております。
 
<<会津美里農研>> 〒969-6266 福島県大沼郡会津美里町字油田1571-1 TEL:0242-54-5711 FAX:0242-54-4812